山口県の端っこで自動車修理やってます

ADVANTAGE AUTO SERVICE

Disease

autosiderです。





「頚部リンパ節炎」とかいう、訳のわからない病気で数日前まで寝込んでまして。

風邪を引いたときとかに、首筋にしこりみたいなグリグリが出来る人もいるかと。

私、ソレが同時に3つ出来まして。

発熱、吐き気、大量の寝汗、食欲不振、倦怠感(これは1年中か・・・)なんか伴っていたのは今月初旬から。


仕方なく意を決してかかりつけの内科へ。

しっくりくるので名医だと思っていたが、息子の代に変わってしまった町医者いわく、グリグリが成長するにはいろいろ理屈があるし、良性のグリグリか悪性のグリグリか大きな総合病院じゃないと判別できないとの事。

よって解熱鎮痛剤のみ処方・・・。


「より高熱が出たりグリグリが成長したら、迷わず大病院へ行けよ」。
解熱剤を処方しておきながら突っ込みどころ満載のご教授だが、まぁ生きることに大した執着も無いので、悪性であっても熱さえ下がれば仕事が出来てそれはそれでありがたい判断なのですが。

よく整備士は医者に例えられたりしませんか?
「整備士は車の医者だ!」と。

わたし、アレ、死ぬほど嫌いな比喩です。
本気でそう考えているメカニックがいたとして、そいつはOOだと思っているくらいです。

尊大この上無いですし、扱うもの、救うものが違いすぎる。
そして、全ての物事には人様が決める「尺度」というものがある。

何かと違う何か、工程が似通っているからといって、比較が潜んでいながら独自の立場を主張するのはおかしな話。
質の違いを知るべきだし、それぞれそれなりの苦労というものがあるのだ。


私は車を修理することで人様に貢献していますが、何か?
単純に言えばそれだけの話。


んなヘソ曲がり的意見はさておき、病欠とは言え貴重な連休。

たまには充血しそうなほど考え抜いている脳を冷ましゆっくり休んでみたいわけだが、こういう時にどういうわけかmikota氏はポルシェパナメーラ問題、久々のkoei氏はリーマンを取り巻く人生と診断機問題でそれぞれ入電。

俺は、具合が悪いんだぞ!

なんて言わなかったが、仲間とのセッションはやっぱり最高。
これだけで生きるに値するとは到底思わないが(笑)。


な前置き長い感じ、内容が薄いのは必須。

MH34、2年落ち。
確かスペーシアとかハスラーあたりもあったかな?
CCIMG3775.jpg

例えばこんな上り坂は顕著、前後に揺さぶられるような、ジャダーでもない、いわゆるミッションのギクシャク。
フルスロットルで駆け上ると、誰でも体感できる違和感です。
CIMG3776.jpg

率直に言うと、バルブボディ。
トランスミッションコントロール、対策プログラムあります。
CCIMG3761.jpg
CIMG3762.jpg
CIMG3764.jpg
CIMG3766.jpg
CIMG3767.jpg
CIMG3768.jpg
CIMG3769.jpg
CIMG3770.jpg
CIMG3773.jpg
CIMG3774.jpg

違和感感じている方、お近くの販売店さんへ相談されてみてください。

効果テキメンです。
















  1. 2015/10/30(金) 22:51:06|
  2. 整備とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Lock Out | ホーム | process>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://autosider.blog.fc2.com/tb.php/204-c7ab2c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

下関にある小さな輸入車専門店です。

ADVANTAGE

Author:ADVANTAGE

輸入車を中心に販売・修理・カスタマイズ、何となくやってます。

お問い合わせ

〒751-0847              山口県下関市古屋町1-11-18 tech_autosider@yahoo.co.jp    TEL:083-242-2280

facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
備忘録 (3)
整備とか (276)
工具とか (5)
日常とか (14)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR